■プロフィール

ダミーケイ

Author:ダミーケイ
アルペジオフルート教室代表・ウェブ上のハンドル。
アメリカのコメディアン、ダニー・ケイのダミー。
または「ガチョ~ン」の谷啓のダミー。
自分ではお笑い芸人と勘違いしている(笑)
目標はレッスン漫才でデビューすること(大ウソ)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
楽器練習の環境~実体験を踏まえて
前回の顛末、いずれ教室のコラムに詳細を記しますが、ほぼ収束に向かっています。

大変な契約トラブルに巻き込まれ、

手打ちと相成ったのが結果です。

この顛末で学んだことはたくさんあります。

完全な防音住宅はほとんど存在しないこと。
オーナーの多くはトラブルを恐れて楽器練習を許可しないこと。
鉄筋コンクリート造りでなければ、音漏れは避けられないこと。
ファミリータイプで条件を満たすところは極端に少ないこと。
そもそも賃貸物件で楽器練習が認められるケース自体が少ないこと。


そして意外だったのは、

防音ボックスの導入は

自費であっても難色を示されるケースが多いこと


でした。
理由は、重量物のため、床が耐えられるか不明だから、なのだそうです。
また、防音効果そのものも、オーナーが(もとい不動産も)知らないから、認めにくいのだそうです。
こうなると、どうしても楽器を演奏したいのなら、メーカーのショールームに連れ出すしかなさそうです。

私のように、最上階角部屋の鉄筋マンションで、オーナーから特別に許可が出たという条件がそろえば問題ないですが、なかなかこうはいかないように思います。


今回の経験で、賃貸住宅の場合、いままでのアドバイスはほとんど通用しなくなりました。
過酷な環境であること、それを肝に銘じて、スタジオやカラオケでの練習を心がけましょう♪

スポンサーサイト
音楽雑感 | 13:11:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。