■プロフィール

ダミーケイ

Author:ダミーケイ
アルペジオフルート教室代表・ウェブ上のハンドル。
アメリカのコメディアン、ダニー・ケイのダミー。
または「ガチョ~ン」の谷啓のダミー。
自分ではお笑い芸人と勘違いしている(笑)
目標はレッスン漫才でデビューすること(大ウソ)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今度は4年ぶり(滝汗)
全然レッスンの話になっていないこのブログ、いつの間にか10年目に突入!!!
しかも前回の更新は4年前!削除もしないでよくぞまあ放置したもんだと思います。

ワタクシ、フルート生活40年目に突入いたしました。もうアラフィフです。
ダミー・ケイはだみー・けーとなって、今でも健在です(笑)


4年分の話、どこまで書いていいものか。
ただ、どうしても書いておきたいのは「防音」のことです。
最近、教室のレッスンコラムを新しいブログに移植する作業を始めましたが、そこに新しい記事を書く前に、雑感としてキャラ丸出しのブログのほうにざっくばらんに書いておこうと考えました。しばしおつきあいください。


集合住宅、賃貸物件というのは、音出しには非常に過酷な環境です。
音楽に詳しく理解のある大家さんってのは少ないらしいです。
だから、楽器OKという記述は、実は「音の小さい楽器ならまあいいでしょう」という意味なんだそうです。具体的には「ギターかバイオリン」なんだそうです。


バイオリンをなめんなよ。

初心者ののこぎり音と、プロの爆音は、ハンパねぇぞ。



防音断熱が完璧なマンションは、たぶん家賃も高いはずです。
一時期、コンクリート打ちっぱなしの鉄筋構造のマンションに住みましたけど、楽器OKのはずが、隣との壁が薄くて壁を叩かれ、トラブルになりました。

そうなると、周辺の環境を考えて交渉するしかないわけです。
住宅密集地はほぼアウト。田畑を埋めて宅地にしたようなところは、結構のどかでセーフ。最上階角部屋なら、笛の音は外に散ってしまうから、問題なし。

もしくは山を切り崩した古い住宅地。元の地形を生かしているので、1階なのに窓の外は3階相当の崖下なんて場所もあります。元は森の中なんですね。そうすると風光明媚で静か。音なんか出し放題。大家のお墨付きです。

ただしこういうところは交通は不便。私が住んだのは

最寄りの駅まで徒歩30分!

バスで15分。

そのバスも1時間に2本!


なんて場所でした。


実家では長いこと何も考えずに練習していましたが、実は隣が30年以上空き地で、裏の家が土地を所有。見事な庭にしていました。久しぶりに帰ってみると、その空き地になんと2件家が建ち、建築限界ぎりぎりまで壁が迫っていました。いやー、実家ではもう音出しはできないんだねと実感。


心行くまで音出しをできる場所。ほしいよね。
家で音を出したい。切実な思いです。

防音の話、また思いついたときに書きます♪



スポンサーサイト
音楽雑感 | 14:08:02 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。